パスタ大好き!ニョッキは手作り 料理大好き、手抜きでらくらく 楽しみながら日々のことを書いていますっ


<< 高橋一生さんのインスタ期間限定公開 | main | カルテットの飛び跳ねるドミノはコレです >>
カルテット最終回、最後の大ウソつきは…ネタバレ
カルテット最終回、最後の大ウソつきは…ネタバレ

毎回、、予想を上回る展開に
ミゾミゾしている人も多いのではないでしょうか?

カルテット9話では
真紀さんの過去の背景がわかって
なぜ早乙女真紀に成りすましたのかがわかりました。

エンディングで流れた家森さんの涙

家森さん(高橋一生)の過去は結婚、離婚以外語られていないし、自転車で日本一周の旅をしたこと、Vシネマ俳優をしていたことは自分で話していますが、それも途中までで話をやめてしまっています。

家森さんは実は真紀さんの母親を自転車でひいた中学生なのではないかと予想しています。

富山県警の刑事が、その後、加害者家族はバラバラになって一家離散と言っていましたし、年齢的にも諸自転車に乗っていた少年は12歳、被害者家族の少女は10歳。

年齢的にもそんな感じではないかなと思います。

最終回は「あの日」から1年後が描かれるようですが、すずめちゃんは変わらず不動産会社に勤めていると思うし、家森さんはノクターンで働いてて、別府さんもあの別荘からふくろうドーナツに通勤している…。

そしてエンディングは
リスが別府さんの別荘におにぎりを食べに来て、それを4人で楽しげに眺めているシーンなのではと思ったりしてます。

それにしてもカルテットで演奏する曲はどれも素敵で

特に「ペンギンカフェオーケストラ」の
Music For a Found Harmonium
が好きです。

街頭で4人で演奏したアノ曲です。

コチラからダウンロードできますよ♪
>>カルテット挿入歌「Music For a Found Harmonium」<<
カルテットで検索!
  

iPhone・Androidに対応


他にも
『カルテット』4話で家森さんがソロで演奏したビオラの楽曲Yann Tiersenの『La Veillée』や、スメタナ「モルダウ わが祖国」、すずめちゃんチェロのソロ曲Gaspar Cassado(ガスパール・カサド)の「無伴奏チェロ組曲 I - Preludio : Fantasia」、カルテットドーナツホールが歌うドラマ主題歌「おとなの掟」など盛りだくさんの配信があっていますよ。




JUGEMテーマ:日本のTVドラマ






スポンサーサイト