パスタ大好き!ニョッキは手作り 料理大好き、手抜きでらくらく 楽しみながら日々のことを書いていますっ


<< ミルコ・クロコップ入場曲ダウンロードできますよ | main | 「逃げ恥」ロケ地の寺が大人気なんだって! >>
THE YELLOW MONKEYの「JAM」涙が出た…
THE YELLOW MONKEYの「JAM」涙が出た…

紅白歌合戦、なんだか勢いがなくてつまんないなぁと思っていたら

THE YELLOW MONKEY(ざいえろーもんきー)の「JAM」という曲を聴いて、あまりにも心に染みて、不覚にも涙がこぼれてしまった…

朝日新聞の朝刊に掲載されていたイエモンの広告、
気が付いてはいたけれど、意味が分からなくて、
THE YELLOW MONKEY(ざいえろーもんきー)の
曲もよく知らなくて、
でも紅白歌合戦見て、
やっと意味が分かりました。


朝日新聞の広告は
「残念だけど、この国にはまだこの歌が必要だ」
というメッセージと共に、JAMの印象的な歌詞が掲載されていました。

紅白出場者の中で
一番インパクトがあって
こころに響いたのはこの

THE YELLOW MONKEYの「JAM」

私みたいに、今回初めて「JAM」を聴いて
イエモンのメッセージを受け取った人
きっと沢山いると思います。

新聞広告で歌詞を掲載するアーティスト
はじめてじゃないかな

それくらいみんなにこのメッセージソングを
伝えたかったんだと思う。

「紅白に出場するのが夢でした」
と歌唱の前に言っていたけれど
多くの人にこの歌のメッセージを
伝えるための媒体として
紅白歌合戦はBestだったのでしょう

イエモンのメッセージ
私には
ちゃんと届きましたよ。








スポンサーサイト