パスタ大好き!ニョッキは手作り 料理大好き、手抜きでらくらく 楽しみながら日々のことを書いていますっ


CRISIS(クライシス)小栗旬×西島秀俊のアクションシーンがカッコいい
CRISIS(クライシス)小栗旬×西島秀俊のアクションシーンがカッコいいですよね

警察モノのドラマは結構あるけど、映画のような見ごたえあるドラマだなと感じています。

オープニングの迫力ある主題歌も雰囲気を盛り上げていますよね。

>>CRISIS(クライシス)主題歌・着信音<<
クライシスで検索!
  

iPhone・Androidに対応


CRISIS(クライシス)主題歌は、アメリカ、フィリピン等の音楽祭で数々の受賞歴を持つBeverly(ビバリー)の楽曲で「I need your love」。

突き抜けるようなハイトーンのボーカルはかなりの迫力がり、ドラマ自体の迫力も増しているように感じます。

ドラマ「CRISIS(クライシス)」の主題歌に抜擢されたのは、主演の小栗旬さんの強力プッシュがあったからだといいます。

小栗旬さん、アクションシーンも力が入っていますが、わきで支える音楽まで見出してくるなんてさすがですよね!



JUGEMテーマ:日本のTVドラマ






『ひよっこ』早くも脱落…
ひよっこ』早くも脱落…しました。

もっと期待していたんだけどな。

というわけで主題歌ダウンロードはこちらから

>>ドラマ主題歌・着信音ダウンロード<<
ひよっこで検索!
  

iPhone・Androidに対応


前回の『べっぴんさん』の脚本があまりにも酷くて、最終回をスルーしてしまったという最近の朝ドラ。

それで『ひよっこ』は桑田佳祐さんが主題歌「若い広場」と聞いていたので、気を取り直してみるつもりにしていたのですが、1週目以降、月曜日の朝から録画予約からは削除…しようかと迷うほどなんです。

オープニングで桑田さんの主題歌が流れるシーンはなかなか凝ってて、ドラマの内容を期待させる雰囲気なのに、ちょっと厳しい感じ。

有村架純さんが主演と聞いて、『あまちゃん』『いつ恋』の音ちゃんを思い出して、期待が大きくなりすぎたのかもしれませんね。

田舎の女の子の雰囲気を出すために体重を5キロ増やしたというエピソードもなんだか悲しく響いちゃうんですよね。

そういう役作りって、はたして北茨城の女の子を含め、田舎の女の子の共感を得られるでしょうか。

有村架純さん、素敵な女優さんで頑張り屋さんみたいなので、これからの東京編でどれだけ挽回できるか、陰ながら応援しています。



JUGEMテーマ:テレビ全般






『マッサージ探偵ジョー』クセになる面白さ
マッサージ探偵ジョー』クセになる面白さ

KAT-TUNの中丸くん主演のドラマ『マッサージ探偵ジョー』けっこう好きです♪

エンディングで中丸君が歌って踊る『マッサージ探偵ジョー』の主題歌「お疲れサンクス」もキャッチーで気に入ってます。

>>マッサージ探偵ジョー主題歌・着信音<<
マッサージ探偵で検索!
  

iPhone・Androidに対応


探偵もどきのドラマって色々あったけど、「マッサージ探偵」という設定は斬新で新しいのではないでしょうか。

しかもコメディ的な要素が強くて、深刻な内容じゃないところがいいですよね。

小澤征悦(おざわゆきよし)さんも、今回のドラマでは真面目な演技でコメディタッチの役柄を後援してて好感度アップしました。

小芝風花さんにしても、今まで演じてきた役の仲で一番自然で溶け込んでいるのではないかと思うほどです。

いつもならキンキン声で叫ぶシーンがあるとチャンネル変えるのですが、『マッサージ探偵ジョー』では、嫌な感じが全く感じられないのが不思議です。

そして主題歌を歌っている中丸くん、歌上手かったんですね!

KAT-TUNは、ジャニーズの中でも歌もダンスも上手いといわれていましたが、今回改めて上手いなと実感しました。

KAT-TUNは現在活動休止中だけど、中丸くんも、亀梨さんも、それぞれ今まで以上に充実しているようで、KAT-TUNの復活が楽しみです。




JUGEMテーマ:日本のTVドラマ






逃げ恥DVD完全版は買っておかないと…
逃げ恥DVD完全版は特典映像満載買っておかないと…

逃げ恥(逃げるは恥だが役に立つ)のBlu‐ray BOXが、今週のオリコンで売上ランキング2位になりましたね!

逃げ恥の再放送予定はないし、オンエアを録画したモノと違って、このDVD、BD-BOXには、最終11話がディレクターズカット完全版で収録されてるんです。



他にも購入特典満載なんですよ!
たとえば

●「恋ダンス」の全パターン
●「恋ダンス」のNG集
●特典映像
●みくり役の新垣結衣、津崎ひらまさ役の星野源と、脚本の野木亜紀子が最終回を見ながら制作秘話を語るオーディオコメンタリー
●初回生産限定「特製ムズキュンBOOK」進呈

「逃げ恥」の最終回から数ヶ月がたちましたが、録画を何度も見なおしている方も多いようです・・・。

自分で録画したDVDもいいけど、今回ばかりは公式発売されている『逃げるは恥だが役に立つ』のBlu‐ray BOX購入する価値はあるんじゃないかと思います。




JUGEMテーマ:日本のTVドラマ






スポンジケーキを上手に焼くコツは…
スポンジケーキを上手に焼くにはちょっとしたコツがあります。

お菓子の本に書いてある通りに作っても上手にできない人でも、ちょっとしたコツさえつかめばこんなスポンジケーキが焼けちゃいます。

スポンジケーキ

キメも整っていて
しっとりとりフワフワのジェノワーズです。

もちろんケーキは材料をきちんと計ることが基本。
※このスポンジケーキは21cmの焼型で焼いたものです。

【準備するもの】
※オーブンを160度に温めます
※焼き型にバターを塗り、薄力粉をはたいて冷蔵庫で冷やしておきます。

卵全卵 200g
薄力粉 133g(2回ふるっておく)
砂糖  133g
バター 35g(湯せんにかけておく)
牛乳  50cc(人肌に湯せんしておく)

この分量は黄金比ですのでこれで焼くとプロの仕上がりです。
また、焼いた当日よりも、日を置くほど(3日目が最高)バターが回りしっとりとした触感です。

というわけで、きめが細かく、プロのような仕上がりにするコツは

卵の泡立て方にあります。

全卵に砂糖を加えて軽く泡立て、さらに60度の湯せんで卵の温度が35度くらいになるまで中速で泡立てます。

大体5分くらい

その後低速で2〜3分、キメを整えていきます。
ここが一番大事なところです。

低速で丁寧にキメを整えていかなければキメの細かなしっとりとしたスポンジケーキにはなりません。

キメが整ってくると、卵に艶が出てきます。

泡は見えないほど細かく
上から落とすとタラタラと落ちて「の」の字を書いたとき、10秒ほど字が残るくらい。

中心に爪楊枝を立てると、10秒以上倒れないしっかりとした泡立てになっていれば完璧でしょう。

もちろんハンドミキサーを使って泡立てますが、
全体を均一にするために、泡だて器に持ち替えて手で整えます。

この泡立てができれば、8割くらいできたも同然。

ここに振るった薄力粉を2回に分けて入れ、混ぜ込んでいきます。

まず半量ふるい入れ、泡だて器ですくっては落とすように10回ほど混ぜ、残りを加え、へらに持ち替えてそこからすくうように20回ほど混ぜます。

しっかり泡立っているので、泡が消えるのを恐れる心配はありません。

湯せんしたバターに温めた牛乳を加え、そこに先ほどの生地をひとすくい入れ、よく混ぜ合わせます。

ヘラで受けるようにして先ほどのバターと牛乳の生地を加えさらに混ぜます。

生地に艶が出てきたらOK

バターを塗って薄力粉をはたき冷やしておいた焼き型に一気に流しいれます。

10cmほどの高さから落として空気を抜きます。

あらかじめ温めておいた160度のオーブンで30分
焼き上がりは中心に竹串を刺し、何もついてこなければ出来上がりです。
(焼きすぎるとパサつくので注意しましょう)


すぐにオーブンからだし

20僂曚匹旅發気ら落として焼きチヂミを防ぎます。

ケーキクーラーにさかさまにして乗せ、

すぐに型から外します。

5分ほどしたら上下を返して皿に移し、ラップなどをかけて乾燥を防ぎます。

焼いた当日よりも、日を置くほど(3日目が最高)バターが回りしっとりとした触感で美味しくいただけます。


市販の「モントン」などとは違って、きめの細かなしっとりとした上質のスポンジケーキの出来上がりです。





JUGEMテーマ:家庭料理のレシピ



騎士団長殺し 余韻のある読後感でした
村上春樹さんの新作
「騎士団長殺し」
読んでみました。



楽天ブックスで注文したら
ポイントで購入できて
更にポイントもついて
あっという間に本が届いて満足しています。

というわけで
村上春樹さんの「騎士団長殺し」ですが
ネットでの賛否両論を呼んでいたので
どんな感じかなと思っていましたが
個人的には引き込まれるように読み終えた作品でした。

確かに性的な描写はあまり歓迎できなかったけれど、
村上春樹さんの描く世界はドライなので、そこまで気にならなかったかな。

それよりも、目に見えるものと見えないもの、大事なことは目に見えないというフレーズがとても印象的で、イデア(観念)の世界を描くようになったんだということの方が意外でした。

今回の「騎士団長殺し」に関する歴史表記に、ツイッターやFBでさまざまな意見が述べられていて、いろんな意見が出ていますよね。

そんな時に、ふと昨年デンマークで開かれたアンデルセン文学賞の授賞式の「どれだけ高い壁を築いて侵入者を防ごうとしても、そのような行為は我々自身を損ない、傷つけるだけ」という村上春樹さんの言葉を思い出しました。

村上春樹さんは、物語を書くことで、自分にできる何かを探しているのかもしれないと思います。

今までは「世界の終わりとハードボイルドワンダーランド」が一番好きな作品でしたが、「騎士団長殺し」もおすすめの村上作品です。





JUGEMテーマ:オススメの本







『カルテット』もたいまさこさんが綺麗だなと思った…
カルテット』で巻真紀(松たかこ)の義母役を演じていたもたいまさこさん、カルテットの1話で登場してからずっと思っていました。

透明感があって綺麗だなって…

メイクさんが上手いと言ってしまえばそれまでですが、何と言うか、作られた美しさではなく、自然な、清潔感のある、配色にセンスを感じるというか、肌の色とメイクの色選びが絶妙で、衣装の配色とあいまって、さらに透明感を感じるのです。

カラーコーディネイトでいうと、もたいまさこさんは寒色系の夏の人だと思います。

淡いアジサイのブルーやピンク、コスモスのような色がよく似合う。

夏の色というと、原色の赤などを連想する人が多いかもしれません。

しかしカラーコーディネイトでいう夏の人は、夏の強い日差しで色が飛んだ褪せた感じの色が夏の色。

だから、夏の赤は「トマトのような赤」ではなく、寒色系の赤なのです。

もたいさんはメイクも衣装も、どれも肌の色とあったコーディネイトで最高でした。

1つ難を言わせてもらえば、ストールと帽子はちょっと外れてた感はありますが…

えらそうな事いってすみません。
でももたいまさこさん、演技もさることながら、存在自体がとても魅力的でした。

『カルテット』何度も見たい方は、こちらで「見逃し配信」あってます

U-NEXTの見逃し配信はコチラ
カルテット

高橋一生さんのセミヌードが話題になったanan





JUGEMテーマ:テレビ全般






『カルテット』で使用のデニムのエプロンはコレ
カルテット』で使用のデニムのエプロンはコレ

ドラマ『カルテット』で軽井沢の別荘で別府さん達が使用しているデニムのエプロン、いい感じにくたびれててカッコイイですよね。

探したらありました。

別府さんや家森さん、真紀さん、幹夫の母(もたいさまさこさん)たちが軽井沢の別荘で使用していたデニムのエプロン(ホルタータイプ)はこれです。



ドラマ『カルテット』の中ではかなり使い込んでいい感じに色落ちしたエプロンになっていました。

実際のデッキーズのエプロンはアメリカンサイズでかなり長いので、ジーンズの裾を切ってほどく感じで裾もカットしてあって、長さも調節してありました。

デニムのエプロンは使い込むほどに柔らかくなるし、いい味が出てきます。

軽井沢の別荘で使用していたくらいの風合いになるまでには、かなり使い込まないといけないようですが、それもデニムエプロンの楽しみの一つですよね!

『カルテット』こちらで「見逃し配信」あってます

U-NEXTの見逃し配信はコチラ
カルテット

高橋一生さんのセミヌードが話題になったanan




ドラマカルテットの家森愉高の着信音配信あってます

※2017冬ドラ主題歌着信音受信音

主題歌着信音情報




JUGEMテーマ:日本のTVドラマ





カルテットの飛び跳ねるドミノはコレです
カルテット飛び跳ねるドミノはコレです

カルテット9話に登場した、飛び跳ねて進むドミノ、ネットでも話題になりましたよね!

「スティックドミノ」「スティックボム」っていうんですよ。



すずめちゃんと真紀さんが並べていたスティック状のドミノ、あっという間に終わっちゃったけど、とても迫力があって、あれ何?と思った人も多かったようです。

持斎の撮影では、販売会社の方が見えて、スタッフと一緒に1時間かけ家並べて、撮影は1回でOKが出たのだとか。

すずめちゃんがスマホで追いかけながら撮影していた動画もツイッターにアップされていましたね!

カルテットもとうとう残すところあと1回。

最終回

4人はどんな選択をして

どのような道を歩むことになるのか…

最終回が楽しみである一方

終わってしまう寂しさに耐えられるか不安です。








JUGEMテーマ:日本のTVドラマ



JUGEMテーマ:芸能





カルテット最終回、最後の大ウソつきは…ネタバレ
カルテット最終回、最後の大ウソつきは…ネタバレ

毎回、、予想を上回る展開に
ミゾミゾしている人も多いのではないでしょうか?

カルテット9話では
真紀さんの過去の背景がわかって
なぜ早乙女真紀に成りすましたのかがわかりました。

エンディングで流れた家森さんの涙

家森さん(高橋一生)の過去は結婚、離婚以外語られていないし、自転車で日本一周の旅をしたこと、Vシネマ俳優をしていたことは自分で話していますが、それも途中までで話をやめてしまっています。

家森さんは実は真紀さんの母親を自転車でひいた中学生なのではないかと予想しています。

富山県警の刑事が、その後、加害者家族はバラバラになって一家離散と言っていましたし、年齢的にも諸自転車に乗っていた少年は12歳、被害者家族の少女は10歳。

年齢的にもそんな感じではないかなと思います。

最終回は「あの日」から1年後が描かれるようですが、すずめちゃんは変わらず不動産会社に勤めていると思うし、家森さんはノクターンで働いてて、別府さんもあの別荘からふくろうドーナツに通勤している…。

そしてエンディングは
リスが別府さんの別荘におにぎりを食べに来て、それを4人で楽しげに眺めているシーンなのではと思ったりしてます。

それにしてもカルテットで演奏する曲はどれも素敵で

特に「ペンギンカフェオーケストラ」の
Music For a Found Harmonium
が好きです。

街頭で4人で演奏したアノ曲です。

コチラからダウンロードできますよ♪
>>カルテット挿入歌「Music For a Found Harmonium」<<
カルテットで検索!
  

iPhone・Androidに対応


他にも
『カルテット』4話で家森さんがソロで演奏したビオラの楽曲Yann Tiersenの『La Veillée』や、スメタナ「モルダウ わが祖国」、すずめちゃんチェロのソロ曲Gaspar Cassado(ガスパール・カサド)の「無伴奏チェロ組曲 I - Preludio : Fantasia」、カルテットドーナツホールが歌うドラマ主題歌「おとなの掟」など盛りだくさんの配信があっていますよ。




JUGEMテーマ:日本のTVドラマ